ライフスタイル

ひとり暮らし女の捨てたものリスト(随時追記)

捨てたものリスト
るふ吉
るふ吉

こんにちは、るふ吉です!
皆さんは部屋の片付け、どうしてますか?

  • 部屋を整理したいけど、何を捨てたらいいかな?
  • どうやって捨てるって判断したらいいの?

そんな疑問に自称『捨てるの大好き人間』の私が解決しちゃいます!(^^)・・・といいつつ、私も数年前までは捨てられない人間でした(笑)

引っ越しを機に思い切って捨てたところ、これが快感だったんですよね。ものが少ないので掃除も楽チン♪

今でも定期的にものを捨て続けています。無駄なぜい肉がどんどん減っていくイメージですね(リアルにこの身のぜい肉も減ればいいのに)。

無理をして一気に捨てる必要はありません。今の段階で不要なものにさよならするだけです。

ここでは実際に私が捨てたものをリストにしました!ぜひ参考にして下さいね!

捨てたものリスト

1、本・マンガ

いつの間にか増えているものナンバー1です。

100冊以上の時もありましたが、ほとんど捨てました。今はカラーボックスの1段目に収まるくらいです。

今は電子書籍をメインにし、マンガを見開きで見たいときはマンガ喫茶で済ませます。

捨てた基準:

  • 月1回も読み返さない
  • 図書館、マンガ喫茶、レンタルで代用できる
  • 電子書籍化してる
  • もし欲しくなっても再購入可能

取っておいたもの:

  • 絶版などで今後の入手が困難なもの
  • 画集

2、雑貨・小物・置物

テレビ周りに小物を置いてましたが、機能性がないものは全て捨てました。おかげで掃除がものすごく楽です。

1個1個ものをどかす→拭く→また戻すのルーティンから、さっと拭くだけになりましたので。感動です。

また、小物にホコリがたまるのを気にする心配もありません。

この楽さを知ってしまうと、雑貨を買う気がなくなります(笑)お財布にも優しいです。

↓残っているのはメガネ置きですね

メガネ置き

3、洋服

これも油断していると増えていきますよね(笑)

「いつか着るかも・・・」

大丈夫です。そんなときは訪れません(^^)思い切って捨てましょう!

捨てた基準:

  • 1シーズン中に1度も着なかった
  • 着すぎてヨレヨレになってしまった
  • 毛玉が目立ってきた
  • サイズが合わなくなった orz

4、カバン

カバンは仕事用:2個・お出かけ用:2個までと決め、それ以外は捨てました。そうでもしないと延々増えちゃいますからね。

上限が決まっているので、新しく買う場合は1個捨てないと買えません(笑)

「持ってるものを捨ててまで買う必要があるのか」を考えた上で購入します。これは手持ちのカバンを上回る代物なのか・・・!?とゲーム感覚で悩めるので楽しいです。

5、画材

絵を描くのが趣味だったので、コピック・筆ペン・ハイテックがたくさんありました・・・。ですが、デジタルで済ませることが多くなったので処分。

最近は無料お絵かきアプリをインストールして、ipad+タッチペンで描いてます。インク切れの心配がない&やり直しがきくので、長い目でみれば経済的かなーと。

↓ipad。少し型が古いですが、十分仕事をしてくれます(笑)電子書籍もこれでOKです。

ipad

6、ぬいぐるみ・フィギュア

譲渡や売るのも手かなと思いましたが、引き渡すまでに時間がかかるので、捨てるを選択。(私の性格上、この間に惜しくなって手放したくなくなる・面倒くさくなってしまうため)

記念に写真を撮って&お礼をいってお別れです。

るふ吉
るふ吉

処分について。
中にはそのまま捨てることに抵抗がある方がいらっしゃるかと思いますが、私は自治体のルールに従って普通に捨てました。感謝の気持ちがあれば大丈夫です。もちろん何も起こってないです(^^)

7、クッション

使っていない。掃除機かけるときに邪魔だな〜と思い、捨てる。

その結果、洗濯や天日干しの作業が不要&掃除機をかけるときも、どかす手間がなくなったので快適♪良いことづくめです(^^)

8、玄関マット・キッチンマット

大きいから洗うのも大変&乾くの遅い。

その上、ホコリやら髪の毛が繊維にからまってるのを見てさらに絶望。結果、全部捨てる。

なくても全く困りません。床が汚れたらクイックルでさっと拭いてしまえばOKです。マットにシミが・・・!なんて凹む必要もありませんし、しみ抜きに苦労することもありません。

↓足元が冷えるなら靴下かスリッパを履きましょう♪私は100均の洗えるスリッパを愛用しています。

洗えるスリッパ

9、必要以上の食器やグラス

かわいい・オシャレな食器、たくさんありますよね。手頃な値段で買えるので、ついつい欲しくなりますが・・・買ったものは日常的に使っていますか?

↓私の場合は9種類×2つずつです。よく使う1軍メンバーのみを残しました。

  • グラス
  • マグカップ
  • お茶碗
  • スープカップ(みそ汁もこれで兼用)
  • 醤油皿(醤油とかポン酢入れる用)
  • 小皿(副菜用)
  • 中皿(煮物とかのおかず用)
  • 少し深みのある平皿(カレーとかパスタ、サラダ用)
  • どんぶり(麺や丼もの用)

以前はグラタン皿も持っていましたが、他で代用が可能だったので捨てました。

捨てた基準:

  • ヒビがはいっている
  • 少し欠けている
  • 収納しにくい、かさばる
  • 他で代用可能
  • 月に1回も使っていない

10、不要なスプーン・フォーク

意外と見落としがちなのがスプーン・フォーク。増えすぎていませんか?

↓4種類×2つずつ。食器同様、1軍メンバー以外は全て処分です。

スプーンとフォーク
  • プリンやヨーグルト用の小スプーン
  • カレーやスープ用の大スプーン
  • パスタ用の大フォーク
  • デザート用フォーク

11、三角コーナー

ただでさえ一人暮らしのシンクはせまいのに、さらに置くのはしんどいです(笑)

食材はできるだけ生ゴミを出さないようにして、出た分はスーパーでもらえる透明の袋(お肉とか入れる袋)や小袋に入れるでOKです。

三角コーナーを洗う手間も省けます。あれって洗わないとすぐカビ生える・ヌルヌルしますからね・・・(笑)

12、フライパン・鍋

フライパンと鍋、どっちの機能もかねそろえた1つを持っていれば十分です。

私はレミパンミニを使っています。深みがある&食材がくっつきにくいです。これ1個で大体のものは調理できますよ。便利なのでオススメ。

↓レミパンミニ

レミパンミニ

13、ティッシュペーパー

トイレットペーパー(シングル)で代用可能です。

鼻をかむ程度であればトイレットペーパーで十分です。紙質にも特段こだわりがないので。弱点としてはティッシュよりも耐久性は劣る点ですね。

るふ吉
るふ吉

ただし、お友だちが来たとき用に箱ティッシュ1個は用意してます(笑)

14、ネックレス・ブレスレット

一時期、安物のネックレスやブレスレットを集めていました。が。ピアスを開けてから、身に付けなくなったのでゴミ袋へ。

今もピアスで満足しているので、捨てたあとも買おうという気は起きていません。

15、化粧品

これは1種類1個と自分の中で決めています。

なので、新しいものを買うなら今のを捨てるということにしています。

これで必要以上に増える心配がありません。朝の忙しいときにポーチ内を探す手間が減らせますし、無駄なスペースもなくなります(^^)

16、学生時代のユニフォームや道具

着る機会ないですよね(笑)まだ続けているならですが・・・古いですし、使う予定もありません。

文化祭で作ったクラスTシャツも出てきました。なつかしい・・・。

るふ吉
るふ吉

思い出の品は、写真を撮ると捨てやすくなりますよ。

17、大学時代の教科書

卒業してから開いた試しがありません(笑)

使うにしても・・・教科書は改訂されるので、内容も違ってきます。古いのを持っている意味はないかと思います。

18、卒論

後世に残せる素晴らしいもの、これからの人生で使うなら別ですが・・・。これも私にとっては不要なので処分。

るふ吉
るふ吉

大学の友だちと共同で作成した(2人で1つの卒論)ので、処分する際は友だちに了承を取りました。

19、使わないプレゼント

人からいただいたものって捨てにくいですよね・・・。ですが、使わずにホコリをかぶってるのも、失礼な気がします。

「どっちにしても失礼なら捨ててしまえ。」というのが私の意見です。

また、贈ってず〜っと覚えている人ってほとんどいないです。(結婚指輪とか特別なものは例外ですが)

感謝の気持ちを伝えて受け取り、使わない場合は後日そっと処分しましょう。

20、手紙・よせがき

これも捨てにくいですね・・・。友だちからの手紙がたくさん出てきました。(小、中学校時代すごく流行っていたのです)また、家族からもらった手紙も。

捨てるかどうか本当に悩みました。量も多いので、全部写真を撮っていたら日が暮れます。

そこで本当に残したいものを3つだけピックアップ。それ以外は捨てることに。

捨ててしまった分、残した3つを大切にすれば良い。と考え方を変えることにしました。

るふ吉
るふ吉

手紙が正直一番困りましたね・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか捨てるのって大変ですよね・・・。ですが、部屋がキレイになっていく感覚がわかると一気に楽しくりますよ!

最後に私のオススメ法を2つお伝えしますね!

それは・・・

テンションが上がる音楽をかけて、テンポよくゴミ袋へ放り込んでいく!

悩んだらとりあえずゴミ袋へ!

「やっぱ必要・・・」となったら、ゴミ袋から漁ればいいのです。片付けのコツは後日詳しくご紹介しますね!

始めは一気にやろうとせず、引き出しの1段目だけ・・・のような感じで、少しずつチャレンジしてみてください(^^)応援してます!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!